テレビ番組の「新婚さんいらっしゃい」を観ていたところ
「結婚相談所で出会った」という男性医師(37)と、女性コンサルタント(36)のご夫婦が出演されていました。

女性は33歳で結婚相談所に入会し、男性医師とは、帝国ホテルのラウンジが最初の出会いだというから
まさに「お見合い」での出会い(どこかのIBJ加盟店の方だと思います!)。

女性は、「30過ぎていたので、それほど多くは男性に求めていませんでした・・・」
と言っていましたが、「学歴は早慶以上で・・・」と、かなりのハイクラス狙いであったことを、堂々と言ってのける姿に、桂文枝さんも腰を抜かすばかり(苦笑)

結婚した医師の男性とは、初対面の帝国ホテルで「この人と結婚する」と決意し、
自然な成り行きに任せる・・・のではなく、戦略的に攻めたとか。

まずは、男性の好みのタイプをリサーチし(この男性医師の場合、知的な女性が好み)
彼の条件に自分が合致していることを、さりげなく気付かせるようにし
女の策略にハマったのではなく、「彼の意志で選んだ」と思わせるように仕向けるという彼女の戦略。
いつもの「新婚さん、いらっしゃい」のゲスト夫婦とは違って、桂文枝さんも「もうええわ」って感じでしたが
倍率の高い男性と「自然の成り行き」で結婚に至るなんていうのは、20代の女性だけに許された特権なのだと、改めて感じました。

そして、もう1つ大切なこと。
この女性は、33歳で結婚相談所に入会し、36歳現在で、妊娠4か月。
かなり順調に進んだ方だと思いますが、それでも活動開始から出産までは3年くらいがかかってしまうので
「子供が欲しい」
と考えている女性は、今の年齢に3歳プラスした年齢が、最短の出産年齢だと考え、早めに行動して欲しいです。

出産ができる年齢と、男性から「出産可能」と思ってもらえる年齢は違います。
これが本当に本当に大切なんです!

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪
友だち追加