先日、日頃お世話になっているロブマイヤーさんにご招待いただき、オーストリア大使館でのイベントに行ってまいりました。

ロブマイヤーはウィーンに本店があり、ハプスブルク家御用達のブランドとして有名ですが、ワイングラスからシャンデリアまで、芸術品と言えるガラス製品を産み出しています。

私も結婚が決まった際に、記念にメッセージを刻印していただき、バレリーナシリーズのワイングラスやシャンパングラス、ビアグラスと揃えましたが、うっかり割った日には、相当気分が落ちるので(実際、割った)、我が家ではお客様がくるときにしか、登場させません・・。貧乏性。

ロブマイヤーは、本当にシンプルで、一見すると他のグラスと一体何が違うのか?と思われる方も多いと思うのですが、手に取ってもらうと、ハンドメイドならではの薄さと、鉛を使わないカリグラスの驚くべき軽さ、そして実際に口をつけて飲んだときの心地よさといったら!これは使ってみて初めてわかる魅力です。
(私のプロの料理人をしている女友達は、「ロブマイヤーのチューリップで、シャンパン飲むのが最高の幸せ!」だそうです。)

婚活でも、お相手の写真で「可も無く不可も無くというかんじで、ピンとこない」とNGを出してしまう人が多いですが、実際にお会いしてみてわかる魅力がある人、もっと言えば、一緒にいると、なんだかびっくりするぐらい心地の良い人、というのはいるはずで、むしろ、そういった方の方が長く飽きがこないお付合いになるのだと思います。

ついつい高級なグラスといえば、バカラ等を選びがちですが(バカラももちろん素晴らしいですが)、ロブマイヤーのように、派手に主張するものが一切なく、究極にシンプルな佇まいでありながら、ものすごく上質、というものの良さは、それを理解し、評価する側にも、そうしたものに多く接してきた経験や審美眼をより必要とされるように思います。

もしかすると婚活でも同じで、見た目の派手さや周囲に自慢できるブランド(学歴や会社等)に惑わされない、お相手の本質的な素晴らしさを見抜いた人だけが、実はとても良いお相手に巡り会えているように思います(それにはたくさんの人とお会いしていく必要があります)

そうそう、話は変わりますが、最後にお土産でいただいたオーストリア菓子のツッカベッカライ カヌヤマのクッキーが、美味しいとは噂で聞いてはおりましたが、特にクッキー好きという訳ではない私も、手が止まらないぐらい相当美味しかったです!

予約しないと入手しづらかったりするそうなので、もしご結婚後が決まりお相手のご両親にご挨拶に行くときの手土産等、ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪(ここから予約やご相談も可能です)
友だち追加