誰だって、友人や家族に、自分の結婚を祝福してもらいたいと願うもの。だからといって、親の意見に引っ張られすぎたり、親の気持ちを汲みすぎると、結婚はどんどん難しくなってしまいます。

30歳過ぎると、どこの親でも「結婚しろ」的なことを言い出すもので、当時私は本当にそれがウザくてウザくて、一度キレました。

「それ以上、結婚の話をするなら、当分家には帰らないから!」

それ以降、母親は一言も結婚の文字を言わなくなりましたが、同年代の女友達はみんな同じような感じで、お正月でも帰省せずに、東京に残っている独身友達も、結構な数いたのを今でもはっきり覚えています。

30代に突入し、そろそろ結婚しなきゃいけないことは、自分が一番わかっている。
だから、自分なりに行動しているけれど、そう簡単に結婚が決まるものでもないんだよ!
という気持ちでした、ハイ。

私のように親の小言を心からウザいと思う人がいる一方で、親を安心させる為に、早く結婚したいと願う独身者も男性を中心に多く、皆さん「できれば、親が喜ぶ相手がいい」とおっしゃります。親が喜ぶ相手って、嫁の場合は「どんな時でも、息子を立ててくれて、健康管理もしっかりしてくれて、浪費せず、元気な孫を産んでくれる女性」で、婿の場合は「真面目で、収入も安定していて、浮気をせず、妻に優しくしてくれる男性」という感じでしょうか。

もちろん、親にも喜んで欲しいけど、結婚するのは、あなた自身。
あなたが、「私はこの人と結婚して、幸せになれます」と、きっぱり言い切ることができれば、どんな相手だって受け入れてくれるのが、親だと思うし、それこそが親孝行。親が喜ぶような相手であるかどうかより、自分の気持ち、自分の見る目を大切にして欲しいと思う今日この頃。

男性の皆さん、お母さんが大切なのはわかりますが、結婚相手を選んだ理で「母親が喜びそうだった」なんて言われたら、正直、女性は興ざめですよ。女の究極の憧れは、「たとえ親に反対されても、君と結婚したい」と言われることなのだから。

女性の皆さん、親が喜びそうな男性というのは、誠実で真面目を絵に描いたような男性ですが、女性はお相手にヤクザな部分が少しでもないと色気を感じず、ピンとこないものです。

IBJのお見合い婚活は、条件がマッチングしたお相手を見るけるのではなく、最低限の条件をクリアした方だけに出会えるから、安心して恋愛結婚していく仕組みですので、交際になったら細かい条件の一致を望まず、一緒にいて無理がないというところだけを意識するようにしてみてください💛

ハイクラスな結婚を実現する会員制婚活サロン
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪(ここから予約やご相談も可能です)
友だち追加