今年の冬は、冷え性に悩まされることなく終わりそうです。
デブなので、元々冷え性ではなかったのですが、40代に突入したあたりから、末端冷え性?と感じるように。
「歳には勝てない」と諦めていましたが、同い年の女友達が「根菜を食べたら、冷え性を克服できた」というので、実践してたところ、効果がありました(たぶん)。

私が今婚活中だったら、料理上手アピールとして、冬の間はずっとこの話を繰り返していることでしょう(笑)

「お料理教室に通っています」「母のレシピを再現しようと頑張っています」だなんて、ザ・お見合いトークって感じだし
「煮物が得意なんです」とそのまま事実をただ伝えるだけでは、男心を掴む為に、恋愛マニュアル通りの会話をしているようで恥ずかしい。

でも、「煮物を作って食べるように心がけたら、冷え性が解消したんです」と言えば、さりげなくお料理上手(煮物くらいは日常的に作っている)を伝えられるだけでなく、「きちんとした」生活を送っている女性という印象を与えることができるのです。

この「きちんと」が、とても大事!

ふとした会話の中で「朝食抜き」「時々、二日酔い」等という、だらしがない生活が垣間見られると、いくら外見が好みであっても「結婚相手」としては不合格の烙印を押されてしまいます。

30過ぎると、男女共にちょっとした健康の変化に気づくもの。
「ちょっと体重が増えた」「痩せづらい」「疲れが取れない」等、20代の頃とは違うなあ~と感じている男性の脳裏に「結婚して、きちんとした生活を送れば、健康的な日々を送れる」と擦り込むことは、何よりのアピールになります!

気をつけたいのが、健康と美容を勘違いしてはいけないということ。「グリーンスムージー」「グルテンフリー」「発酵食品」などのキーワードを出すと、男性は「強要されそう」「面倒くさい女」「同じ未来が描けない女」というイメージを抱きますので、ご注意くださいね♪

ワンランク上の結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから

★ブログに記載できない情報は、Lineにて配信しています♪(ここから予約やご相談も可能です)
友だち追加