デートの支払い問題は、常に婚活のテーマになる訳ですが、お会計の際に

女「自分の分は支払います!」
男「いや、大丈夫!」
女「そんな訳いきません!」
男「いやいや、ほんとに気にしないで!」

・・と「いいから!いいから!」的おばちゃんのような掛け合いを毎回繰り広げるのもねー、という気持ち、よくわかります。

ただもうこれは様式美(?)のようなものなので、デートの度にこれやるのもわざとらしいし・・・と女性がお支払いしようとする姿勢を省略すると、男性側も最初から奢るつもりでいるものの、「なんか当たり前だと思ってるのかなぁ」と心にどこか引っ掛かりが残りますし、

反対に、女性の「支払います!」を鵜呑みにして、「じゃあ、割り勘で。」と男性側が綺麗に半分に割ろうものなら、たいていの女性は少し温度が下がるのは事実。

女性が「支払わせてください」と言ってきたので、“割り勘派”の女性かと思ってお金をいただいた、という男性もいらっしゃいましたが(※普段は奢っていらっしゃるそうです。念のため)、今までこの仕事をしていて

「私、デートは割り勘派なので!」

という頑なこだわりを持つ女性に一人も出会ったことがありません。

なので、そこは女性の言葉をそのまま受け取らず、特に年齢差のあるお相手であればなおさら気持ちよく奢っていただくのが、やはりスマート。

だいたい女性とのデートに慣れている男性は、彼女が食事の終盤に洗面所に席を立つタイミングがあれば、もうそこで女性に気を遣わせないようにお会計を済ませている方も多いですよね。

このデートの支払問題は婚活においては本当に重要で、特に男性は、それまでの会話がどれだけ盛り上がろうとも、「割り勘」と言葉にした瞬間に全てがひっくり返る可能性もあるリスク高めのワードであることは覚えておいて頂ければと思います。

何を今さらそんな基本中の基本を・・・と思われる方もいらっしゃると思うのですが、周りの人たちがどうしているのかがよくわからないという男性も案外いらっしゃったりするので、念のためあえて再び書いてみました。あしからず。