夏の間、あまりの暑さに我が家のベランダのプランターの花が総枯れし、涼しくなった頃、また植え直そうと思っていたものの、ちょっと面倒くさいこともあり、ずるずると気付けば11月に突入。

・・で、いよいよ重い腰を上げ、先日全部植え直したのですが、やっぱりベランダに色とりどりの花や緑があるって気持ちがよいなー。早くやればよかったよ。ついでに、なんだか部屋の掃除もしたくなって、なんとなく気になりつつも放置していた他の場所もスッキリさせました。

この“なんとなく気になっている”部分って、自分ではそこまで意識的ではなく、大勢に影響がないもののように思うのですが、微妙に日々の生活に影を落としているんだな、ということに、すっきりすると気付くものですね。そこをクリアにすると、なんだか他の停滞していたことまで動き出すので実感します。

先日、「結婚っていいものですか?」とある会員さんからご質問を受けたのですが、良いことの一つとして、誰かが言っていた「結婚の良いところは、もう結婚について悩まなくて良いことだ」という名言(?)を思い出しました。

独身の頃って、毎日が楽しく過ぎていたとしても、この“なんとなく放置しているプランターの植え替え”的な感じで、心のどこかで「結婚」という存在が引っ掛かり続けて、心が完璧には晴れていないような、もやっとしたものが残り続けていたように思います。

でも、とりあえず結婚をすると(そこから先にまた別に悩みが生じるとしても)、そのモヤモヤしていたものは綺麗に取り除かれ、なんだかスッキリ生きられる、というのは、結婚することの良い点のように思います。それってたいしたメリットではないように思うかもしれませんが、日々を生きる上では気分がだいぶ違うな、ということは、実感として感じており、そういう意味で「もっと早く結婚しておけばよかったな」と個人的には思います。

・・・って、上手く伝わっているかよくわかりませんが、なんというか、とにかく「モヤモヤしている部分は早く片付けちゃった方がスッキリした気分で生きられる」ので、まずは動き出しましょう、ということでしょうかね?